So-net無料ブログ作成
検索選択

契約のしおりが保険の見直し前に大切 [保険の見直しで得する方法]

保険の見直しをする場合、まず契約のしおりをしっかりとチェックしましょう。

出来れば、保険の約款をチェックするのが良いのですが、一般の人にあの書類を理解するのはとても難しいのです。

だから、分かりやすく説明している契約のしおりをまずチェックしましょう。

定期特約の解約や減額は、保険会社にとって好ましいことではありません。

契約書には、保険会社にとって不都合のことはすぐには見つけずらいように書いてある場合があります。

契約のしおりくらいはチェックした上で、保険会社に相談しましょう。

相談するときは、担当のセールスマンにするよりは、保険会社の窓口にしたほうが良いようです。

保険会社の営業担当者は、契約内容について実はあまり正確な知識を持っていない場合があります。

だから、保険内容を見直す場合は、保険会社の営業担当者に直接交渉するのが一番です。

また、解約しようとすると、保険会社から解約しないように説得するために社員が自宅を訪問する場合もあります。

そんなときでも、毅然とした態度で解約の意志を伝えましょう。


nice!(0) 
共通テーマ:健康

終身保険の中途減額のコツ [保険の見直しで得する方法]

生命保険終身保険中途減額をする場合、ポイントは、主契約ではなく、特約部分を減額するようにしましょう。

定期保険である特約部分を解約することで、減額する金額が充分であればそれでOKです。

注意しなければいけないのが、最低加入限度額が各保険会社にあるということです。

死亡保険を減額する場合、最低加入限度額よりも低い金額にすることは出来ません。

さらに、定期保険や終身保険を減額する場合、他にも影響が出ます。

つまり、特約として追加されている医療関係の保険も減額されてしまうのです。

入院保険健康保険などの公的な医療保険もあるので、そんなに大きな金額の保険に入る必要はないかもしれません。そちらのほうの減額をまずはじめに考えて、主契約の減額はなるべく避けたほうが良い場合が多いです。


nice!(0) 
共通テーマ:健康

生命保険の見直しで減額 [保険の基本と仕組み]

生命保険が増額されるとき、家計の負担を考えると減額しないといけない場合がありますよね。

年齢とともに保険料が引きあがる40代の頃、真剣に減額を考える人も多いのではないでしょうか。

生命保険の保証内容を、保険期間中に減額することを中途減額よ呼びます。

中途減額は、現在加入している生命保険の一部を解約して、補償される金額を少なくすることで、毎月の保険の支払額を減らす方法です。

これを機に、有利な保険に乗り換えることもありですね。





nice!(0) 
共通テーマ:健康

子供のために保険を増額するには [保険の見直しで得する方法]

子供が誕生して保険を増額する場合、一定期間だけ増額するのであれば、主契約の終身保険を増額するのではなく、特約の定期部分の保証を増額するのが良いでしょう。

特約で増額すれば、契約金額の増額は最小限に抑えることが出来ます。

ちょっとしたことで、保険料は節約できます。
nice!(0) 
共通テーマ:健康

生命保険は途中で増額できる [保険の見直しで得する方法]

生命保険は契約の途中で増額することが出来ます。

生命保険の中途増額制度です。

保険期間中、いつでも増額できます。

増額する方法は、定期つき終身保険の場合は主契約の終身保険を増額することも出来ますし、特約部分だけを増額することも出来ます。

増額に伴う保険料の割り増し分は、年齢や保険料率を元に計算されます。

ただし、再び診査と告知をする必要があります。

ガンだと診断されて、あわてて生命保険を増額しても、ばれたら保険金は支払われないのでご注意を!

中途増額制度では、増額した部分の保険料だけが上がります。他の部分の保険料は増額前と変わりません。

もし、金利が高いときに入った終身保険がある場合、絶対に解約してはいけません。

銀行金利よりもはるかに高い金利が得られるので、保険というよりも貯金と考えたほうが良いでしょう。
nice!(0) 
共通テーマ:健康

生命保険に加入する目的は何? [生命保険の選び方]

日本は保険大国と呼ばれています。

多くの人が保険に入っています。

毎年行われる源泉徴収で、年間どれくらい保険料を支払っているのかを改めて驚く人も多いかもしれませんね。

毎年高額な料金を支払っている保険ですが、その目的は何でしょうか?

加入の目的を質問したアンケートがありますが、そのアンケートを見てみると、保険に入る一番の目的は、医療費や入院のためです。

万一の時に備えて保険に入る人よりも、医療費や入院費のほうが心配なのでしょうか。

でも、子供が小さな20代から30代の方は、やっぱり万一のときのために入っている方が多いようです。

医療費よりも残された家族が今後安定した生活を営めるように配慮しているんですね
nice!(0) 
共通テーマ:健康

生命保険の特約を見直す場合どうしたらよいの [保険の見直しで得する方法]

生命保険に加入するとき、セールスマンが勧めるままに契約している人が多いと思います。

生命保険手とっても難しそうだから、自分で考えるなんてちょっと無理!

私もそう思っていました。

生命保険には主契約のほかに特約と呼ばれるものがあります。

特約とは、疾病関連、傷害関連、災害関連などで主契約を補うためのものですが、内容が今ひとつ理解しにくい。

でも、保険を見直すなら特約の内容を理解する必要があります。

不必要な特約が付けられているために保険料が高くなっていたり、必要な特約がついていなかったりする場合が多いので、しっかり見直すと良いようです。

ただし、病気に関連した特約を新しくつけようとすると、当然ですが、見直し時に診査や告知が必要になります。

問題は、病気の特約を新たにつける場合、見直した時の年齢で考えるのではなく、保険に加入したときにさかのぼって差額を支払う必要があるのです。

これを責任準備金と呼びます。

一括して支払うと結構な金額になるため、上乗せして払い続ける場合が多いはずです。

そうすると、結構割高な保険料金になります。

そんな割高な保険になるのなら、全然別の保険に入りなおしたほうが良い場合もあります。

今加入している健康保険を見直して、無駄な部分は取り除き、必要なものを加えていざというときに必要な保証が得られるようにしたいものです。

その場合、他社の保険に乗り換えるという選択肢もあります。
nice!(0) 
共通テーマ:健康

生命保険を見直す [保険の見直しで得する方法]

生命保険を見直すことで、毎月の出費が少なくなるって知っていましたか?

保険はセールスのおばちゃんのしつこい勧誘に屈して入ったという人も多いのではないでしょうか。

その結果、複数の保険に入っている人もいるかもしれませんね。

そんな方は、保険を見直すことでお小遣いが捻出できるかも知れません。

保険を見直すとき、ポイントトータルの給付金で見直すことです。

死亡保険金や入院給付金などを合計してトータルの給付金を考えます。

もし、保険のトータルで保障額が大きすぎる場は、保険を解約することを考えましょう。

例えば、子ども保険に付加されている死亡保険金とか、医療保険です。

父親の終身保険を厚くすれば、節約できます。

もし、あなたが入っている保険の医療の特約が家族型になっている場合は、妻や子どもに対する給付金の金額をチェックしてみてください。

そんなに沢山の給付金が必要ですか?

注意しなければいけないのが終身保険や養老保険です。

もし、金利が高いときに入っていたのであれば、沽券量が割安になっています。

このような保険はできるだけ残すようにします。

予定金利が高い保険はお得なのです。

保険でありながら、高利回りの金融商品をもっているのですから。

安い保険料の保険でも不要なものはどんどん解約しましょう。

少しでも毎月の保険料を抑えて、家計を助けたいものです。

nice!(0) 
共通テーマ:健康

生命保険の免責事由にご注意 [保険の基本と仕組み]

生命保険の免責事由に注意する必要があります。

今加入している保険の契約内容を、契約時にしっかりと確認しましたか?

あの小さくびっしり書かれている契約書には、生命保険の免責事由がたくさん書かれています。

つまり、被保険者が死亡しても保険金が支払われないようにしているのです。

そんなバカな、と思うでしょうが、生命保険会社が保険金を払わなくても済む、例外といわれる理由が書かれているのです。

これを生命保険の免責事由といいます。

免責事由は各会社の約款に書かれています。

よく知られているのが、被保険者の自殺ですね。

契約してから1年以内に被保険者が自殺した場合は、保険金は支払われないことになっています。これは仕方が無いなと思います。

最近多い保険金目当ての殺人ですが、ばれたら保険金は支払われません。

保険金を受け取ることを目的に、受取人が被保険者を殺害すると保険金は支払われません。

天災についても免責事由になっています。自沈や津波、噴火などです。ただし、社会的に非難されるので、最近は支払われる場合がありますよね。岩手福島の津波は支払われたようですから。阪神淡路大震災でも支払われています。

酔っ払って死亡したり、無免許運転とか酔払い運転も保険金が支払われないようです。

一番厄介なのが、告知義務です。

生命保険に加入するときは、病歴や健康状態を申告しなければいけません。

ここで嘘をついた場合、告知義務違反として生命保険の免責事由に当たります。

死亡した原因が病気の場合、保険に加入する以前にその病気のことに気が付いて報告していなかったら、保険金が支払われないことが考えられます。もちろん保険金はちゃんと支払っていてもです。

保険金の滞納がある場合は、猶予期間までに保険料を支払わないと保険金が支払われません。

ちょっと注意しなければいけないのが、保険金の受け取りの時効です。

被保険者が死亡してから2年以内に保険金の支払いを求めないと保険金が受け取れないのです。

忘れていたとか、保険証の発見が遅れてしまった場合など、いろいろなケースが考えられます。

そのほかにも、保険会社は損をしないように、いろいろなことを約款に書いてあります。

セールスマンは、そのようなことは一切説明しないでしょうから、注意しましょう。



nice!(0) 
共通テーマ:健康

保険の選び方 [保険の基本と仕組み]

保険にはどんな保険があるの?

どの保険に入ったらよいの?

そんな無知な私をねらう保険のおばちゃん!

言われるままにおすすめの保険に入ってしまう人が多すぎます。

保険の契約書を読もうとしても、ものすごく小さな時でびっしり書かれていてとても読む気になりません。

でも、これで入院しても大丈夫・・・と思っていたら、いざ保険を請求するとお金がもらえない。

そんな経験をした人がたくさんいます。

死亡保険を請求したら、契約書の片隅に書いてある一言を理由に保険が支払えないと言われたりします。

保険選びを安易にしているといざというときにとっても悔しい思いをします。

このブログでは、保険の基本的な情報を提供するとともに、損をしない保険選びを手助けできるよう、無料相談を賢く使う方法などを紹介して行きたいと思っています。

保険の窓口などのサイトが人気です。無料で保険の加入や見直しをするときに相談するところを紹介したり、保険の基本的なことを分かりやすく紹介しているからです。

このようなサイトに負けないように、このブログではブログの特性を生かして、保険についてあれこれ分かりやすく紹介して以降と思っています。

皆さんどうぞよろしくお願いします。
nice!(0) 
共通テーマ:健康
Copyright © 保険の加入と見直し!損をしない無料相談の使い方 All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。