So-net無料ブログ作成
検索選択

生命保険の特約を見直す場合どうしたらよいの [保険の見直しで得する方法]

生命保険に加入するとき、セールスマンが勧めるままに契約している人が多いと思います。

生命保険手とっても難しそうだから、自分で考えるなんてちょっと無理!

私もそう思っていました。

生命保険には主契約のほかに特約と呼ばれるものがあります。

特約とは、疾病関連、傷害関連、災害関連などで主契約を補うためのものですが、内容が今ひとつ理解しにくい。

でも、保険を見直すなら特約の内容を理解する必要があります。

不必要な特約が付けられているために保険料が高くなっていたり、必要な特約がついていなかったりする場合が多いので、しっかり見直すと良いようです。

ただし、病気に関連した特約を新しくつけようとすると、当然ですが、見直し時に診査や告知が必要になります。

問題は、病気の特約を新たにつける場合、見直した時の年齢で考えるのではなく、保険に加入したときにさかのぼって差額を支払う必要があるのです。

これを責任準備金と呼びます。

一括して支払うと結構な金額になるため、上乗せして払い続ける場合が多いはずです。

そうすると、結構割高な保険料金になります。

そんな割高な保険になるのなら、全然別の保険に入りなおしたほうが良い場合もあります。

今加入している健康保険を見直して、無駄な部分は取り除き、必要なものを加えていざというときに必要な保証が得られるようにしたいものです。

その場合、他社の保険に乗り換えるという選択肢もあります。
nice!(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

広告スペース
Copyright © 保険の加入と見直し!損をしない無料相談の使い方 All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。