So-net無料ブログ作成
保険の見直しで得する方法 ブログトップ

契約のしおりが保険の見直し前に大切 [保険の見直しで得する方法]

保険の見直しをする場合、まず契約のしおりをしっかりとチェックしましょう。

出来れば、保険の約款をチェックするのが良いのですが、一般の人にあの書類を理解するのはとても難しいのです。

だから、分かりやすく説明している契約のしおりをまずチェックしましょう。

定期特約の解約や減額は、保険会社にとって好ましいことではありません。

契約書には、保険会社にとって不都合のことはすぐには見つけずらいように書いてある場合があります。

契約のしおりくらいはチェックした上で、保険会社に相談しましょう。

相談するときは、担当のセールスマンにするよりは、保険会社の窓口にしたほうが良いようです。

保険会社の営業担当者は、契約内容について実はあまり正確な知識を持っていない場合があります。

だから、保険内容を見直す場合は、保険会社の営業担当者に直接交渉するのが一番です。

また、解約しようとすると、保険会社から解約しないように説得するために社員が自宅を訪問する場合もあります。

そんなときでも、毅然とした態度で解約の意志を伝えましょう。


nice!(0) 
共通テーマ:健康

終身保険の中途減額のコツ [保険の見直しで得する方法]

生命保険の終身保険の中途減額をする場合、ポイントは、主契約ではなく、特約部分を減額するようにしましょう。

定期保険である特約部分を解約することで、減額する金額が充分であればそれでOKです。

注意しなければいけないのが、最低加入限度額が各保険会社にあるということです。

死亡保険を減額する場合、最低加入限度額よりも低い金額にすることは出来ません。

さらに、定期保険や終身保険を減額する場合、他にも影響が出ます。

つまり、特約として追加されている医療関係の保険も減額されてしまうのです。

入院保険は健康保険などの公的な医療保険もあるので、そんなに大きな金額の保険に入る必要はないかもしれません。そちらのほうの減額をまずはじめに考えて、主契約の減額はなるべく避けたほうが良い場合が多いです。


nice!(0) 
共通テーマ:健康

子供のために保険を増額するには [保険の見直しで得する方法]

子供が誕生して保険を増額する場合、一定期間だけ増額するのであれば、主契約の終身保険を増額するのではなく、特約の定期部分の保証を増額するのが良いでしょう。

特約で増額すれば、契約金額の増額は最小限に抑えることが出来ます。

ちょっとしたことで、保険料は節約できます。
nice!(0) 
共通テーマ:健康

生命保険は途中で増額できる [保険の見直しで得する方法]

生命保険は契約の途中で増額することが出来ます。

生命保険の中途増額制度です。

保険期間中、いつでも増額できます。

増額する方法は、定期つき終身保険の場合は主契約の終身保険を増額することも出来ますし、特約部分だけを増額することも出来ます。

増額に伴う保険料の割り増し分は、年齢や保険料率を元に計算されます。

ただし、再び診査と告知をする必要があります。

ガンだと診断されて、あわてて生命保険を増額しても、ばれたら保険金は支払われないのでご注意を!

中途増額制度では、増額した部分の保険料だけが上がります。他の部分の保険料は増額前と変わりません。

もし、金利が高いときに入った終身保険がある場合、絶対に解約してはいけません。

銀行金利よりもはるかに高い金利が得られるので、保険というよりも貯金と考えたほうが良いでしょう。
nice!(0) 
共通テーマ:健康

生命保険の特約を見直す場合どうしたらよいの [保険の見直しで得する方法]

生命保険に加入するとき、セールスマンが勧めるままに契約している人が多いと思います。

生命保険手とっても難しそうだから、自分で考えるなんてちょっと無理!

私もそう思っていました。

生命保険には主契約のほかに特約と呼ばれるものがあります。

特約とは、疾病関連、傷害関連、災害関連などで主契約を補うためのものですが、内容が今ひとつ理解しにくい。

でも、保険を見直すなら特約の内容を理解する必要があります。

不必要な特約が付けられているために保険料が高くなっていたり、必要な特約がついていなかったりする場合が多いので、しっかり見直すと良いようです。

ただし、病気に関連した特約を新しくつけようとすると、当然ですが、見直し時に診査や告知が必要になります。

問題は、病気の特約を新たにつける場合、見直した時の年齢で考えるのではなく、保険に加入したときにさかのぼって差額を支払う必要があるのです。

これを責任準備金と呼びます。

一括して支払うと結構な金額になるため、上乗せして払い続ける場合が多いはずです。

そうすると、結構割高な保険料金になります。

そんな割高な保険になるのなら、全然別の保険に入りなおしたほうが良い場合もあります。

今加入している健康保険を見直して、無駄な部分は取り除き、必要なものを加えていざというときに必要な保証が得られるようにしたいものです。

その場合、他社の保険に乗り換えるという選択肢もあります。
nice!(0) 
共通テーマ:健康

生命保険を見直す [保険の見直しで得する方法]

生命保険を見直すことで、毎月の出費が少なくなるって知っていましたか?

保険はセールスのおばちゃんのしつこい勧誘に屈して入ったという人も多いのではないでしょうか。

その結果、複数の保険に入っている人もいるかもしれませんね。

そんな方は、保険を見直すことでお小遣いが捻出できるかも知れません。

保険を見直すとき、ポイントはトータルの給付金で見直すことです。

死亡保険金や入院給付金などを合計してトータルの給付金を考えます。

もし、保険のトータルで保障額が大きすぎる場は、保険を解約することを考えましょう。

例えば、子ども保険に付加されている死亡保険金とか、医療保険です。

父親の終身保険を厚くすれば、節約できます。

もし、あなたが入っている保険の医療の特約が家族型になっている場合は、妻や子どもに対する給付金の金額をチェックしてみてください。

そんなに沢山の給付金が必要ですか?

注意しなければいけないのが終身保険や養老保険です。

もし、金利が高いときに入っていたのであれば、沽券量が割安になっています。

このような保険はできるだけ残すようにします。

予定金利が高い保険はお得なのです。

保険でありながら、高利回りの金融商品をもっているのですから。

安い保険料の保険でも不要なものはどんどん解約しましょう。

少しでも毎月の保険料を抑えて、家計を助けたいものです。

nice!(0) 
共通テーマ:健康
保険の見直しで得する方法 ブログトップ
広告スペース
Copyright © 保険の加入と見直し!損をしない無料相談の使い方 All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。